littleones -ココチネブログ-

愛犬との暮らし。服づくりの日々。暮らしの心地よい音 -ココチネブログ-

手仕事に触れる旅日記。フランス編③

パリ3日目。
パリ中心から少し外れた場所にある、
ヴェルサイユ宮殿へ。
観光シーズンでお天気も良いとあって、
人、人、人。
そうだよね。世界から集まって来る場所に、私達はいるのだから。
a0335453_14221249.jpg


効率よくまわる為に、ヴェルサイユ宮殿は後にして、トリアノン宮殿とマリーアントワネットの離宮へ先に行く事にして、この乗り物で移動。
a0335453_14221665.jpg


広い!広すぎる。想像を絶する広さ。
a0335453_1422147.jpg


話に出てた、アンジェリーナのモンブランを食べる事が出来た。
マロンクリームの下が、スポンジではなく、サクサク。美味しい♪
a0335453_14221526.jpg


その後は、歩いてヴェルサイユ宮殿へ。
どこを見ても豪華。
芸術のかたまり。ため息しか出ません。
a0335453_14221759.jpg

a0335453_14221771.jpg

a0335453_14221847.jpg

a0335453_14222185.jpg




私はこちらが気になって仕方なかった(笑)
ルーブル美術館敷地内にある服飾装飾美術館。
ルーブル美術館は前日、服飾装飾美術館は本日、遅くまで開館してるとの事で、時間を有効に使い分け。
a0335453_14222237.jpg

a0335453_14222261.jpg


この時代のボタンが素敵。
単なる衣服ではないですね。
本当に、全てが芸術。
a0335453_14222375.jpg

a0335453_14222462.jpg


素晴らしすぎて、言葉がみつかりません。
この経験は忘れない。
a0335453_14222519.jpg

a0335453_14222621.jpg


時代と共に、縫製が綺麗になってる様も見え、感動。
刺繍や装飾が豪華だった時代から、
素材や機能性重視の時代があったり、
また、デザイン重視の時代があったり、
フランス語説明を訳して教えてもらえた事がまた、感動を増しました。

まさしく、手仕事に触れる旅。。。
[PR]
by littleones111 | 2015-05-14 12:57 | フランス旅 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30